トップページ >  > 同じ年齢でもシワが目立つ人と目立たない人の違いとは?

同じ年齢でもシワが目立つ人と目立たない人の違いとは?

シワが目立たない人は、普段から保湿ケアや紫外線対策をしっかり行い、規則正しい健康的な生活を送っているようです。同じように肌のお手入れを気をつけていても、喫煙の習慣がある人はビタミンCが不足しやすくシワが目立つといわれています。たばこは百害あって一利なし、少しずつでも止めるようにしましょう。

○ハリのある若々しい肌を維持するにはどんなお手入れが必要?
20代からシワ予防を心がけたスキンケアを行いましょう。肌の代謝を活性化させ肌にハリを出すナイアシン(ビタミンB6)は刺激が少なく使いやすいのでシワ対策に継続的に使いたい成分のひとつです。ビタミンC誘導体は、ハリのある肌を維持するだけでなく美白や毛穴対策もできるマルチに活躍する成分です。 これらの美容成分が配合された化粧品を効果的に使いましょう。

・化粧水は叩いてつけない
化粧水をつけるときにぱちぱち叩きながらつけると肌への刺激になるどころか、肌に浸透させる効果がありません。肌を押さえるようにやさしくなじませます。この時、シワを伸ばそうと肌を引っ張るのは逆効果。弾力を失った肌がさらにたるんでしまうことがあります。

・シワの原因になる古い角質を取り除く
肌の代謝を良くして新しい皮膚の生まれ変わりを促すピーリングを定期的に行うのがおすすめです。ピーリングの後はシワの改善に有効な美容成分が浸透しやすくなるので、ビタミンC誘導体の化粧品でケアしましょう。

・表情筋のエクササイズやマッサージ
表情筋エクササイズは肌のたるみを改善しシワを予防する効果が期待できます。ただし、肌が乾燥している時に行うとコラーゲン繊維やエラスチン繊維がダメージを受け、かえってシワが目立ってしまうことがあります。 マッサージは強く刺激しすぎると炎症やシワの原因になるので、軽いタッチで行いマッサージ用のクリームなどを使って摩擦を軽減させるようにしましょう。
同じ年なのにかなり見た目年齢に違いがある。そんな風に思うことは年齢を重ねるにつれて多くなると思います。いつまでも肌にハリがあって若々しく見える人はどのようなエイジングケアをしているのでしょうか?