トップページ >  > 紫外線が肌のシワの原因に!!

紫外線が肌のシワの原因に!!

顔や手など紫外線を浴びやすいところにシワができるのには理由があります。紫外線を浴びた部分に活性酸素が発生し、皮膚の老化が進むからです。

皮膚で活性酸素が発生すると、コラーゲン繊維やエラスチン繊維が切れてしまったり、絡み合ったりして肌の弾力が失われていきます。コラーゲンは再生力があるのですが、エラスチンは一度破壊されてしまうと、元に戻るとはかぎりません。そして再生がうまく行われなかった部分にシワやたるみができるのです。

○紫外線A波、紫外線B波どちらがシワの原因になるの?
地上に届く紫外線はA波とB波でどちらも肌の老化をすすめる原因になりますが、真皮まで到達しコラーゲンやエラスチンを破壊するのは紫外線A波です。 紫外線A波は紫外線全体のやく95%を占め、雲や窓ガラスを通過するので室内や車内にいても油断はできません。曇りの日でも部屋の中にいてもしっかりと紫外線対策を行ってシワの原因をつくらないように心がけましょう。

○シワ予防に効果的な日焼け止めは?
紫外線吸収剤を含む日焼け止めは肌にとって刺激になることがあります。スプレータイプやジェルタイプの日焼け止めは使い勝手の良さで人気がありますが、ほとんどのものが紫外線吸収剤のみでできています。紫外線吸収剤不使用、紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルと表示されたものを選ぶのがポイントです。日焼け止めにはSPFとPAの表示があります。シワやたるみの原因になる紫外線Aを防ぐ効果を表しているのはPAなので、+の表示を参考にしてください。普段の生活なら++、紫外線量が多い春夏のアウトドアでは+++を目安に選びましょう。

シワやたるみを予防しながらスキンケアでお肌をメンテナンスすることも大切!
シワたるみに効く化粧品ならこれ!
紫外線はシミやそばかすの原因になるだけでなく、シワができる大きな原因になっていることをご存知ですか?お肌が紫外線を浴びると肌のハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンが破壊されていってしまうのです。